ママニック葉酸サプリの効果的な飲み方※ベストタイミングはいつ?

妊娠したい女性や妊婦さんに人気が高いママニック葉酸サプリは、葉酸をはじめ多様な栄養素を効率よく摂取できるサプリメントです。

ママニック葉酸サプリの効果を最大限に活かすために知っておきたい飲み方のポイントについてまとめてみました。

葉酸を摂るべき理由とは?

葉酸は胎児の先天性奇形のリスク低減のために、妊娠前~妊娠初期にかけて十分な摂取が望まれる栄養素です。
また子宮内膜を強化したり冷えを解消して妊娠率を高めるはたらきもあるため、妊活女性も積極的に摂りたい栄養素です。
ほかにも葉酸はつわりの軽減や母乳の分泌促進など、妊娠全期を通じて大きな役割を果たすことが分かっています。

ママニック葉酸サプリはここが人気!

 
ママニック葉酸サプリはこの大切な葉酸がしっかり摂れるよう工夫されたサプリメントです。
体内での吸収率が高く、厚生労働省が妊娠前~妊娠初期に付加的な摂取を推奨しているモノグルタミン酸型葉酸を、1日分で400μg配合しています。

また国産野菜をたっぷり使用するなど原料にも徹底的にこだわり、葉酸以外にもビタミンやミネラルなど豊富な栄養素と美容成分が含まれています。
体調を崩しやすく食欲が落ちる時期でも、ママニッだけで多様な成分を一度に取れる手軽さが嬉しいですね。

気になるコストも定期購入を利用すればかなりお得に買うことができます。
葉酸は一定期間の継続摂取が望まれることからも、コストパフォーマンスが良く続けやすい定期コースは人気が高くなっています。
全額返金保証制度もあり、初めてでも安心して利用できるサプリメントです。

  • モノグルタミン酸型葉酸400μgを配合
  • 女性に不足しがちな栄養成分+国産野菜8種類+美容成分8種類を配合
  • 国内のGMP認定工場で製造
  • 放射能試験・残留農薬試験実施
  • 9mmの小粒形状&においを抑える加工で飲みやすい
  • 定期購入で続けやすくコスパが良い
  • 全額返金制度があるので安心

ママニック葉酸サプリの飲み方に決まりはあるの?

ママニック葉酸サプリは1日4粒という用量のほかには、飲む時間などに特に決まりがあるわけではありません。
ただサプリの効能をできるだけ高めるために、いくつか気に留めておきたいポイントがあります。

サプリはできるだけ毎日同じ時間帯に飲む

サプリメントは一般的に消化器官が活発になる食事のタイミングに飲むと良いといわれますが、基本的には他の時間帯に飲んでも問題ありません。
ここで気をつけたいのが、毎日飲む時間がバラバラになってしまうことです。
毎日サプリのタイミングが定まっていないと、飲み忘れなどが起きやすくなります。
そうならないためにも、毎日できるだけ規則正しい時間帯でサプリを飲むようにしましょう。
ただ飲むタイミングにナーバスになりすぎると、ママにとっても赤ちゃんにとってもかえって精神的なストレスとなる可能性があるので、あまり神経質にならずに気楽に続けることが大切です。
ママニック葉酸サプリは生活のスタイルに合わせ、自宅でも外出先でも時間を気にせずに飲めるので使い勝手が良いサプリです。

飲めなかったときには?

もちろん予定どおりに飲めなかったり忘れてしまった場合でも大丈夫です。
ママニック葉酸サプリは自分の良いタイミングに飲むことができるので、気付いたときに不足した分を補いましょう。

間違えて2日分飲んでしまったら?

1日4粒の用量を2回分飲んでしまっても、それだけでは過剰摂取にはなる可能性は極めて少ないので気にしすぎる必要はありません。
その際には翌日のサプリは一旦お休みにして、翌々日から再開すればよいでしょう。
飲んだ量や回数があやふやにならないよう、飲んだらメモを付けたりピルケースに分けておくと管理しやすくなります。

1日4粒まとめて飲んでも分けて飲んでもOK

ママニック葉酸サプリは1日の摂取量が4粒となっています。
4粒を一度に飲んでも、また数回に分けて飲んでもどちらでも大丈夫です。
やや小粒な直径9mmというつくりですが、口に入れて飲み込む際の感覚には個人差があるため、なかなかスムーズに飲み込めないという人は数回に分けるのがおすすめです。
また一度に飲めば飲み忘れの心配も少なくなるという点で安心です。
自分の好みやペースに合わせて、4粒の摂り方は自由でかまいません。

水かぬるま湯で飲む

ママニック葉酸サプリは薬のときと同じで、水やぬるま湯で飲むことをおすすめします。
気をつけたいのがカフェインやタンニンで、これらの成分はおなかの赤ちゃんにも悪影響を及ぼすおそれがあります。
またサプリに含まれる栄養素が十分な効果を発揮できなくなる可能性もあるので、これらの成分が入ったコーヒーやお茶などは控えるように注意しましょう。

飲みにくいときにはちょっと工夫を

ママニック葉酸サプリはにおいを抑える加工がほどこされていたり、小粒な形状になっていたりと、妊娠中でも飲みやすいように作られています。
ただ妊娠初期はつわりなどで体調がすぐれないことが多く、ちょっとしたにおいなどにも敏感になる時期なので、小さなサプリでも口にするのが苦痛になってしまう人が少なくありません。
また元々錠剤などを飲むのが苦手な人もいますので、こうした場合にはちょっとした手間加えることでスムーズにサプリを飲めるようになります。

サプリを砕く

ママニック葉酸サプリは丸ごと飲まなければいけないという決まりはありません。
最初に粒を砕いてから飲んだり、口の中で噛み砕いても大丈夫です。
ただ粒を砕くとサプリの表面にほどこされたにおいを抑えるコーティングも砕かれるため、人によってはにおいを感じやすくなる可能性があります。

ゼリーやヨーグルトに混ぜる

ママニック葉酸サプリは他の食品と同時に飲んでもOKなので、飲みにくいときには喉ごしのよいゼリーやヨーグルトなどと混ぜてしまうという手があります。
ゼリー飲料などは外出にも携帯しやすいのでおすすめです。

疑問に思ったら問合せを

ママニック葉酸サプリの飲み方で不安や疑問があれば、平日の9:00~17:30の時間帯で直接問い合せることができます。
他にも成分や商品についてなど、色々なことを気軽に相談できるので安心です。

葉酸の過剰摂取について

葉酸サプリは妊娠前後に重要な役割を果たす栄養素ですが、いくら体によい成分でも摂りすぎると副作用を引き起こす可能性があります。
葉酸の過剰摂取の症状としては、むくみや吐き気など体にさまざまな悪影響を及ぼすことがわかっています。

厚生労働省によると、妊娠予定がある女性や妊娠の可能性がある女性は、通常の推奨量である240μg/日の葉酸に加え、さらに400μg/日の葉酸(モノグルタミン酸型)を摂取する必要があるとなっています。
妊娠初期を過ぎた妊婦さんの推奨量は480μg/日、授乳期には340μg/日となっています。

ママニック葉酸サプは1日4粒飲むことでモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂取できますので、この用量を守って利用するようにしましょう。
妊娠初期を過ぎると葉酸の必要量も少しずつ変わっていくので、摂りすぎにならないよう注意することが大切です。
ちなみにモノグルタミン酸型葉酸の耐用上限量は、18~29歳の女性で1日900μg、30~49歳の女性で1日1000μgとなっています。

まとめ

ママニック葉酸サプリは、妊活期~妊娠全期~産後の授乳期まで、長期にわたって活躍する葉酸を手軽に摂れるすぐれたサプリメントです。

サプリ独特のにおいも抑えて作られた小さめな粒なので比較的飲みやすいのですが、錠剤を呑むのが苦手という人でも、ちょっとした一工夫でスムーズに飲めるようになります。

葉酸サプリを飲む上で大切なのは必要な期間継続して摂取することですから、下記のポイントに注意しながら長く上手にサプリを活用していきましょう。
またサプリだけに頼るのではなく、栄養バランスの良い食生活や十分な睡眠などを心がけることも、すこやかなマタニティライフを送るために気をつけたいポイントです。

ママニック葉酸サプリ 飲み方のポイント

  • 飲み忘れのないよう、できるだけ毎日決まったタイミングで飲む
  • サプリを飲む時間帯はいつでもOK
  • できれば食事のタイミングで飲むのがベスト
  • 一度に飲んでも数回に分けて飲んでもOK
  • 水かぬるま湯で飲むようにする
  • カフェインやタンニンを一緒に摂らないようにする
  • 飲みにくい場合には粒を砕いたり、ゼリーやヨーグルトなどと一緒に飲んでも可
  • 用量を守って過剰摂取に注意